事前審査を通過して住宅ローンを契約しよう!住宅購入情報サイト【宅情報】

- 住宅ローン契約に必要な事前審査

新着情報

▶2014/03/04
住宅ローン契約に必要な事前審査の情報を更新しました。
▶2014/02/18
仮審査についてを新規投稿しました。
▶2014/02/18
フラット50とはを新規投稿しました。
▶2014/02/18
元金均等返済のメリットを新規投稿しました。
▶2014/02/18
元利均等返済のデメリットを新規投稿しました。

住宅ローン契約に必要な事前審査

住宅ローンの契約のためには審査に通過する必要があります。
審査には仮審査と本審査がある事が一般的です。
仮審査と本審査の違いは様々ですが、そもそも審査する機関が違う事が大きな違いと言えるでしょう。
仮審査の事は事前審査とも言いますが、この事前審査を実施しているのは金融機関です。
また、本審査を実施するのは保証会社である事が多いです。
つまり金融機関と保証会社がそれぞれ審査をするという事になります。
事前審査に通過する事ができても、本審査に通過する事ができなかった場合には住宅ローンを契約する事はできません。
また、事前審査に通過できたとしてもそのまま本審査でも確実に通過できるわけではありません。
審査する機関が違えば審査する基準も変わってきます。
本審査の方が基準が厳しい事がほとんどなので、仮審査に通過できても安心はできません。
多くの住宅ローンを契約できなかった人は、本審査に通過できずに契約できないという事を知っておきましょう。
また、事前審査は金融機関に住宅ローンを申し込む段階で行われます。
そのため住宅が実際に建築される前の審査が行われる事になります。
一方で本審査は住宅についての審査も行われる事から、実際に住宅が建築されてからの審査になります。
事前審査は見積もりの段階で金融機関に行ってもらいましょう。
複数の金融機関に事前審査を申し込む事も可能なので、気になる住宅ローンが複数ある場合には事前審査に申し込んでみるというのもいいでしょう。
事前審査に通過できなければ本審査も通過する事ができないので、まずは事前審査に通過する事からスタートする必要があります。

事前審査に通過できなかった場合

住宅ローンや借り換えを契約するためには審査に通過する事が条件になります。
審査には事前審査と本審査があり、それぞれに通過する必要があります。
もし事前審査に通過できなかった場合には、すぐに他の金融機関に審査の申し込みをする、というのはあまりお勧めできません。
借り換えをするために何度も審査に申し込みをすると、金融機関や保証会社から不審に思われる事もあります。
また、複数の審査に落ちている場合には、そういった人物であるという判断をされます。
そのためもし事前審査に落ちてしまった場合には、一定期間おいてから他の金融機関に申し込むようにしましょう。
事前審査に通過できなかった場合には本審査に進む事はできません。
そのため事前審査に落ちたらどうして落ちたのかを検討し、それなりに準備を進める必要があります。
もちろん住宅ローン借り換えのために生活を犠牲にする必要はありませんし、収入を良くしようと転職をする必要もありません。
最も現実的な方法としては、貯金をしましょう。
もしくは借り入れる金融機関を他の機関に変更しましょう。
そのためには住宅ローン借り換え比較.JP|借り換えで賢く計画的に!利用することが大切です。
自己資金を多くする事が審査に通過するために必要な事になります。
事前審査は複数の金融機関で受ける事ができます。
中には複数の審査を同時に申し込むという人もいるようですが、これもあまりお勧めできる事ではありません。
すべての審査に通過できなかった場合には、信用情報にかなりの傷がつくと考えておきましょう。
まずは一つ一つの審査を受ける事が必要になります。
自分にあったローンを見つけて、その審査を受けるようにしましょう。